浜松市M様邸の耐震補強工事は、

耐震壁を作りたいところに基礎がなく

新たに基礎工事を致しました。

まず、ベースを掘って採石して、配筋していきます。

従来の基礎にケミカルアンカーを打ち込んで強固に接続

型枠を入れます。

 

布基礎コンクリート打設。W150ミリにて。

 

お風呂は、今まで0.75坪で脱衣場がなく不便でしたので

1坪タイプに広げ、TOTOのユニットバスを設置します。

入り口を変更して、洗面脱衣所を設けます。

防湿シートを敷いて、土間コンクリートを打設いたしました。

 

今までお風呂がタイル張りで寒々としていましたので

しっかりと断熱材を施工します。

窓もペアガラスで、更に浴室暖房機を設置させていただき

ヒートショック対策も万全に施しました。

いよいよお風呂の完成となります。