今年度実施された住宅ストック循環支援事業補助金が、やっと振り込まれました。

これは、リフォーム(新築もあります)の活性化を図って、景気を刺激して経済を活性化させるための

施策と理解していましたが、適用のハードルは高く、補助金の交付までに長い時間が掛かり

業者にとって利用しにくい施策だったように思います。

たぶん予算も余ってしまったのではないでしょうか。

前回のエコリフォーム補助金の時は、進捗がとても早く、

期間途中で早期完了となりました。

今回は、確か期間延長までしたと思います。

私もせっかくの施策なので、これをご提案してお客さんに喜んでいただこうとしたのですが、

適用要件が高く断念したお宅が何軒かありました。

こう言った施策を作る方は、やはり予算を使い切ってもう少し予算を増やして欲しいといわれるくらいの

施策を打ち出していただきたいものです。

難解で、ハードルの高い補助金では意味がないと思います。

ここでもやっぱりお客様目線が大切ではないでしょうか。

ちょっと愚痴です。

この補助金で、ちょっと苦労したので。