築30年で、お風呂の蛇口が傷んでしまったのと寒いという事で

新しいユニットバスに入替させていただく事となりました。

ついでにという事で、洗面化粧台も入替です。

では早速解体から

 

既設ユニットバスの天井を外します。

 

 

平行して、洗面台も撤去

 

既設の電源取り出し穴が大きく空いちゃっています。(笑)

 

お風呂解体が済んで、ユニットバス組立の三考さんが寸法出しに来てくれました。

堅い仕事で感謝です。

 

事前調査では分からなかったのですが、給水管が本体にあたるのと

排水が足の位置に来るとの事で移動いたします。

リフォームは、解体してみないと分からない事がありますので

念には念を入れて見てもらって正解でしたね。

早速配管移動です。

 

 

配管移動完了です。

お風呂準備完了。

お次は、洗面台の配管移動です。

せっかく壁を剥がしましたので、洗面台とミラー固定がしっかり出来るよう

下地材を入れて補強しておきましょう。

 

下地材もビスの来る部分に入れ終わりました。

こちらもこれで準備完了ですね。

 

配管移動も下地材補強もやらなくても施工できないわけではありません。

配管位置がずれていればそれだけキャビネット内で

配管を振る必要が出て収納スペースを邪魔する可能性が有り使い勝手が悪くなります。

また、下地材が無いと落下の危険性がありますよね。

ちょっとした手間をかけてお客さんの事を想う仕事をさせていただきます。

今回も、当店に頼んでよかったと言っていただけるよう

真心込めてリフォームさせていただいております。

 

と言う事で本日はここまで、お次はユニットバス設置工事です。