介護認定を受けたお客様の、住宅改修補助を受けるべく、手続きをさせていただきました。

内容は、お風呂に手すりをつけて転倒防止を図るリフォームです。

市への申請は、ケアマネージャーか福祉住環境コーディネーターに依頼して、

住宅改修の理由書を作成し、提出する必要があります。

当店は、福祉住環境コーディネーターの有資格店ですので、

お客様のことが一番分かっている私の方で市役所に行って手続きさせていただきました。

 

申請に行き、その場で承認書を受け取りましたので、早急に工事させていただきます。

H様、部材入荷次第工事させていただきますので、よろしくお願いします。

 

 

介護保険の補助を使っての工事は、手すりの取付や、便器を和式から洋式に交換、段差の解消などが対象になります。

上限20万までで、1割の自己負担で済みます。

介護保険でのリフォーム工事のことなら、当店にお任せ下さい。